うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないのだが

1 名前: ねい

https://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

アスペルガー症候群で無職の男性が主人公の映画を観る。
性別や状況は違えど、主人公の気持ちに深く共感した。
ネットでその映画について他の人がどう思ったか感想を見てみる。
「主人公の気持ちに共感できない」や「こんなに暗く物事を考えたことがない」などのコメントがあるのに驚く。
私が恋愛映画に共感することができないのと同じだろうか。
こんな映画に共感できるという事は、私が一般社会で生きにくいことを表しているのだ。
せめて、こんな映画を一緒に楽しめる友達がいたらいいのに。
あの映画の主人公はそんな友達が持てて幸せだな。
映画のタイトルは「メアリー&マックス」

2 名前: ななしさん@メンタル掲示板

https://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

きっと共感されてますよ。

3 名前: お味噌

https://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

危うくメアリー&マックスに賛否するところでした。
(僕は毒されてた…。)

確かに病気は、ネガティブな事なのだけど
病気で苦痛な反面、見えなかった事が、見えてくる。

北野武の座頭市で、「(目が見えないフリ)こうしてると人の心が、見えるんだよ。」みたいなセリフが、あった。

「まったくその通りだな。」と思った。

ネガティブだけど、ポジティブが、垣間見える作品は好き。
「人生は、酸いも甘いもだな。」という世知辛さとユーモアのあるものは、表現しきれない勇気を貰える。

4 名前: お味噌

https://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

すまんウッカリした。見てない人ゴメン。😣

更新日2019-09-29

うつチャット メンタルチャット ゲストプレイス

TESTサイト内検索

チャット
掲示板