うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

リストカット(リスカ)の悩みは誰に相談する?

リストカット(リスカ)の悩みは、できれば精神科・心療内科医に相談

リストカット(リスカ)の悩みを、友人や家族に相談するのは、勇気がいるものです。 友人どころか家族や精神科・心療内科医にも相談できずに一人で思い悩んでいる方も少なくないと思います。

しかし、リストカット(リスカ)を一人で抱え込んで悩み続けるのは非常に危険です。 一人で鬱々と悩み続けているうちにどんどん悪循環に陥ってしまう場合がほとんどだからです。 その状態が続くと、リストカット(リスカ)自体に依存し始めてしまう段階になってしまいます。 そうなる前に勇気を出して家族、できれば精神科・心療内科医に相談することが非常に大事です。

家族や精神科・心療内科医ではなく、友人に相談してみたところ、驚かれたり気を使われてしまったりして 疎遠または、避けられてるという気持ちになってしまい、さらに落ち込んでしまうという方も少なくありません。 家族に相談する場合も専門的な知識を持ち合わせていない場合がほとんどで、家族だからこそ心配しすぎ、 具合が悪くなってしまう場合も多いため、できる限り、心療内科・精神科クリニックで相談することをお勧めします。

リストカット(リスカ)の治療

リストカット(リスカ)の治療法として大事なのは、カウンセリングや服薬を、焦らず継続することです。 精神科・心療内科医であれば今後、家族に対してどのように相談したらいいかのアドバイスも受けられます。

リストカット(リスカ)自傷行為の症状の程度によって様々ですが、1年ほどで大きく改善される症例がほとんどです。 自傷行為は支援的治療によって完治できることが多いので、あまり悲観的になりすぎるのは悪循環を招きます。

リストカット(リスカ)に理解のある医師を探しましょう

ところで、残念ながら中学生・高校生・10代の女性のリストカット(リスカ)について、 「思春期によくあることなので問題はない」と軽々しく扱う心療内科・精神科の医師がいることも現実です。

統計学上、40人ほどのクラスに2〜3人はいるという調査結果もあるので、 たしかに「思春期によくあること」かもしれません。しかし「問題はない」わけはありません。

そのような医師にかかり無駄な時間とお金を費やさないためにも、事前にインターネットで リストカット(リスカ)についてしっかり相談できる心療内科・精神科クリニックを探すことも必要です。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板