うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

鬱チャット(うつチャット)とは、メンタルチャット選びのアドバイス

鬱チャット(うつチャット)とは、鬱(うつ)や神経症などに悩む者がインターネット上で文字によるコミュニケーションを行う仮想空間。 メンタルヘルス(メンヘル)チャットとも呼ばれる。

鬱チャット(うつチャット)・メンタルチャットのメリット

  • なんとなく気分が落ち込むときネット環境さえあれば、気軽に気分転換できる。
  • 鬱病(うつ病)の苦しみを同じ悩みを持つ仲間と共有して吐き出すことができる。
  • リアルでは、しずらい悩み事や精神科クリニックで処方されるお薬の話題ができる。
  • 映画、グルメ、旅行、ファッション、コスメ、ダイエットなど他愛ない雑談の中にも、鬱(うつ)や鬱病(うつ病)を理解している人たちならではの気づかいがある。
  • 鬱(うつ)だけでなく、躁鬱病、神経症、不安神経症、社会不安障害(SAD)、不眠、睡眠障害、摂食障害、不登校、適応障害、PMS(月経前症候群)などの病気や症状の悩みを話す・共有することができる。

鬱チャット(うつチャット)・メンタルチャットのデメリット

  • 重い雰囲気で、軽い相談事や雑談をしたい者には、入室に抵抗を感じさせる。
  • 鬱(うつ)が重い人ほど威張っていて入りずらい。
  • 精神科クリニックに通ってないと話題に入れない。
  • 鬱病(うつ病)を治そうともせず、病気に甘えて1日中チャットをしている人が多い。
  • 自分の非常識さを省みず、鬱病(うつ病)を盾に居直る人が多い。
  • せっかく居心地良く馴染めるチャットでも、「あてむ」に荒らされて閉鎖される。
  • 男女ともにリアルでは、絶対に会いたくないような気持ち悪い人が多い。
  • サイトに掲載された入室ルールを読もうとすると1時間かかる。
  • サイトに十字架や、天使をモチーフとしたイラストを多用し、見てて恥ずかしい。
  • サイトに耽美系の自作ポエムが掲載されていて、見てて恥ずかしい。
  • 自己紹介に服用してる向上精神薬の銘柄が自慢気に列挙されている。
  • 自己紹介に不幸な生い立ちや経歴が自慢気に列挙されている。
  • せっかく居心地よく馴染めたチャットも、荒し(あてむ)に荒らされてあっけなく閉鎖される。
  • 自己紹介に所有してる携帯電話やPCの機種が話題の無さを象徴するように列挙されている。

鬱チャット(うつチャット)・メンタルチャット選びの際のご注意

なお、鬱チャット(うつチャット)・メンタルヘルス系チャットには、例えばあてむなど、コンテンツ提供者自身が荒らしを行っているチャットもあり、 自分のチャットルームの参加者が他のチャットにも出入りしているのを知ると激昂し、徹底的にターゲットをストーキングして 精神的崩壊まで追い詰める者もいるので、どの鬱チャット(うつチャット)に入室するか、迷った際にはくれぐれもご注意ください。

TESTサイト内検索

チャット
掲示板