うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

うつ病(鬱病)は、完治できる病気です

うつ病(鬱病)は、完治できないと思われがちですが、

うつ病(鬱病)は、完治できないと思われがちですが、治療によって概ね8割の人が完治するか、症状が改善しています。

もちろん全ての、うつ病(鬱病)が治るというわけではありませんが、 基本的にはうつ病(鬱病)の治療薬と家族や周囲の協力で、症状は改善していくものです。

うつ病(鬱病)完治までの期間

▲クリックで拡大

ところが、うつ病(鬱病)であることを気がつかない人がいたり、専門的な診断や治療を受けなかったり、 家族や周囲の協力が得られなかったり、途中で薬をやめてしまったりすると、病気の完治から遠ざかってしまいます。

うつ病(鬱病)は気づきにくい病気です

本来、人間の気分や感情には波があり、気持ちが上向くときもあれば落ちこむときもあるものです。 うつ病(鬱病)が原因で気分が沈んだり、やる気がなくなったり、なにごとにも興味が持てなくなったりしたとき、 本人はもちろん、周囲も「気持ちの持ちよう」「そのうち元に戻る」と軽く考えて放置してしまうと、 うつ病(鬱病)を悪化させてしまう原因になりかねません。

うつ病(鬱病)を完治させるためには、家族や周囲の協力が不可欠です

うつ病(鬱病)を完治させるためには、家族や周囲の協力が不可欠でが、未だ、うつ病(鬱病)に対する理解が狭く、 怠け者として判断されてしまうことが多いのが現実です。

たしかに職場など生産性の求められる場面では、うつ病(鬱病)により仕事の能率が下がってしまうと戦力にならないかもしれません。 職場での理解が得られないのであれば、せめて家族の方だけでも理解者になってあげてください。

また、休職などで一時的に社内での人事的な評価が下がってしまったとしても、うつ病(鬱病)をひきずったまま仕事を続けるより、 思い切って病気の治療に専念し、新しいすっきりした気分で職場復帰したほうが、質の高い人生を送ることができるという 発想の転換があってもよいのではないでしょうか。

途中で薬をやめてしまうと、うつ病(鬱病)完治の妨げとなります

また、うつ病(鬱病)治療を開始しても、薬の服用に抵抗があるなどの理由で、 医者が1日2錠飲むよう処方した薬を、1錠しか飲まない患者さんもいらっしゃいますが、 きちんと薬を飲まない結果、薬を飲んでもうつ病(鬱病)が治らないと勝手に諦め、 医者にかかることを辞めてしまう方も少なくありません。

患者さんがそうしてしまうのは、病気を治すために不可欠な医師との信頼関係が不十分なのかもしれません。

医師とのコミュニケーションを密に保つことで信頼関係を養えば、 安心して、うつ病(鬱病)の完治を実現するために根気強く、抵抗なく薬の服用を継続できるはずです。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

チャットと掲示板のご案内
通院していない方、うつ病(鬱病)と診断されていない方もご参加ください
ボタン-チャットボタン-掲示板
▼チャットルームご利用のルールとヒント
入室ルール|メンタルチャット 鬱チャット(うつチャット)
会話のヒント|メンタルチャット 鬱チャット(うつチャット)
ご利用方法|メンタルチャット 鬱チャット(うつチャット)

TESTサイト内検索

チャット
掲示板