うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

不眠・睡眠障害を改めて知る

不眠だけではなく過眠も…、睡眠障害の種類

睡眠障害とは、入眠、睡眠に何らかの異常のある状態を指します。

  • 不眠症 : 入眠と睡眠を何らかの原因で維持できない症状
  • 過眠症 : 突然強い眠気が起こり、一度寝てしまうと自然に目を覚ます事ができない症状(睡眠過剰障害)
  • 睡眠リズム障害 : 人間が持つ24時間周期の体内リズムに変化が起こり、夜に眠れなくなってしまう症状
  • 睡眠中の異常行動 : 夢を見たりして部分的に覚醒した機能障害

とくに不眠は、症状によって大きく4種類に分けられます

  • 入眠障害 : 寝つきが悪く、なかなか眠れない。寝つきに30分〜1時間以上かかる場合と定義されている。
  • 中途覚醒 : 朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
  • 早朝覚醒 : 朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
  • 熟眠障害 : 十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く、熟眠感が得られない。

不眠・睡眠障害の身体的要因

  • 心疾患 - 狭心症、心不全など
  • 呼吸器疾患 - 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など
  • 消化器疾患 - 逆流性食道炎、胃潰瘍など
  • 内分泌代謝疾患 - 甲状腺機能亢進症、クッシング症候群など
  • 脳神経障害 - 脳血管障害、パーキンソン病など
  • 皮膚疾患 - アトピー性皮膚炎など
  • 睡眠関連運動障害 - 周期性四肢運動、 PLM、むずむず脚症候群RLSなど

不眠・睡眠障害の生理学的要因

  • 環境の変化、寝室の騒音、温度、湿度など、睡眠環境としてふさわしくない生活環境。

不眠・睡眠障害の心理的要因

  • ストレス、精神的ショック、生活上の不安など。

不眠・睡眠障害の精神医学的要因

  • うつ病、神経症、統合失調症など、すべての精神疾患で不眠が発現する。

不眠・睡眠障害の薬理学的要因

  • アルコール、タバコ、降圧薬、ステロイド、甲状腺剤などが原因となることがある。

不眠・睡眠障害の治療:薬物療法とともに非薬物療法を行います。

不眠症治療の為に患者が受診する診療科としては主に内科と精神科(心療内科)が挙げられます。 精神科に対するイメージ的なものもあって、内科を受ける者が多く見られますが、心理的要因が原因である場合、 実際には精神科での治療・カウンセリング・投薬治療を受けた方がより適切な治療を受けられる事も多くあります。

不眠・睡眠障害の薬物療法

  • ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤
  • その他(抗ヒスタミン剤、精神安定剤、抗うつ薬など)

不眠・睡眠障害の非薬物療法

  • 起きたら太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットするため)。
  • 夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。
  • 寝る直前にストレッチをする(やりすぎると上の例のように神経を高ぶらせるので注意)。
  • 眠くなってから床に就く。就床時刻にこだわりすぎない。
  • 温かい牛乳を寝る前に飲む。
  • カフェイン(お茶・コーヒー・チョコレート・コーラ)などの刺激物を制限する。または摂らない。
  • なるべく禁煙する(寝ていてもニコチンが切れると神経が高ぶるため)。
  • ゲーム・テレビ・インターネット・音楽などは脳への刺激が強いので寝る1時間前にはしない。
  • 暑ければ部屋を涼しくし頭を冷やす(首は冷えると頭が冴えるから逆効果)。
  • 筋弛緩トレーニング
  • 睡眠導入剤の代わりの寝酒は、不眠のもとになるので避ける(睡眠が浅くなる。耐性により量が増えてゆく)。
  • 寝具、特に枕を変える。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板