うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

自己愛性パーソナリティ障害に焦点をあてた"新型うつ"の治療

"新型うつ"は、自己愛性パーソナリティ障害の二次障害かもしれません

うつ状態になって出社できなくなったりするものの休職中に海外旅行をするなど、 「現状の社会的規範」からすると大きく自分本位に逸脱しているように見えるタイプの"新型うつ"ですが、 新型うつ(新型鬱)と見られる患者さんの特徴を全体的に見渡すと、自分自身の能力を過剰評価してしまいながらも、 職場などで自分の期待している評価を得られない結果、ストレスとなり、うつ状態になってしまうケースが多く見受けられます。

新型うつ(新型鬱)は自己愛性人格障害にターゲットをあてて治療

▲クリックで拡大

これは、つまり自分への愛や賞賛が拡大しすぎて等身大の自分が見えなくなってしまう「自己愛性パーソナリティ障害」の症状によく似ており、 ここに新型うつ(新型うつ)を治療するヒントがあるのではないでしょうか。

自分への愛や賞賛が拡大してしまうタイプの人であっても、 仕事をきちんとこなし、円満な対人関係を維持できてさえいれば日常生活の上で特に困ることはありませが、 自分を愛すれば愛するほど、他人の気持ちを構わなくなってしまい、 仕事など日常生活上でのトラブルが深刻化し、二次障害として「うつ病」になりかねません。

例えば、新型うつの特徴として、「うつ病と診断されて会社を休職中でも、趣味などの活動は積極的にできていたりする」 とよく言われますが、 それは、自己愛性パーソナリティ障害のため、職場での人間関係が悪化し、ストレスとなっている人の場合、 憂うつ感を感じる原因は職場にしかないため、他の場所では、うつ(鬱)の症状が現れず、 元気に過ごせているということではないでしょうか。

自己愛性パーソナリティ障害が原因の新型うつ、治療法

新型うつの原因が、自己愛性パーソナリティ障害にあるとして話を進めますが、 自己愛性パーソナリティ障害に抗うつ剤は効きにくく、治療は、主にカウンセリングや認知行動療法を用いて周囲への同調を目指します。

ただ、周囲への同調を目指すということは、自分のプライドを、その分否定することでもあるため、 特にナルシスト傾向のある方には、極めて受け入れがたい治療でもあり、治療をする側は、症状が悪化しないよう配慮をします。

カウンセリング、認知行動療法の補助として薬物療法の場合も、

抗うつ薬の効きにくいとされる自己愛性パーソナリティ障害ですが、 年齢を重ねるにつれ思考の癖が染み付いているため、補助的に薬物療法を用いる場合もあります。

気分の大きな落ち込みに対しては、抗うつ薬を用い、 気分の移り変わりが大きい場合は、抗気不安薬や精神安定剤を用いるなど、状況に応じて治療薬を選択して治療を進めます。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板