うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

うつ病(鬱病)の再発防止策:復帰には少しずつ負荷をかけながら…

うつ病(鬱病)の回復・治療ステップ

うつ病(鬱病)の回復・治療ステップは、初期段階として投薬やカウンセリングによりイライラや不安が改善され、 中期段階となり、憂鬱感や無気力感が改善されていきます。

そして最終段階で、うつ病(鬱病)が本当に良くなってくると喜びや生き甲斐を感じることができるようになります。

家事・仕事などの復帰には、少しずつ負荷をかけながら。

うつ病(鬱病)の症状が、概ね治った状態から半年ほど、仕事や家事など「少しずつ負荷をかけながら」通常の生活へ戻していきます。

うつ病(鬱病)の療養中、症状が改善してくると通常の生活に戻ろうと急がれる方も少なくありませんが、まだ治療の初期段階をクリアしているに過ぎません。

療養生活から通常の生活に戻ろうとして、早めに負荷をかけすぎてしまい、うつ病(鬱病)を再発させてしまう恐れもあるので、 病気のリハビリ期間である半年を、どう乗り切っていくかがとても大切です。

うつ病(鬱病)の再発予防のためには十分な治療期間が必要です

うつ病(鬱病)は再発しやすい病気であり、回復期にも再発に留意することが必要です。治療期間を長いと感じ、治療を中断する方がおられますが、 再発予防のためには十分な治療期間が必要です。医師から治療終了を告げられるまで治療を続けることが再発防止に繋がります。

うつ病(鬱病)で、判断力が低下し、気持ちが敏感になっている際には、通常より3倍ほどトラブルに巻き込まれるリスクが高く、 そして少しのストレスで通常の3倍落ち込み、そこから立ち直るのに通常の3倍の時間がかかると言われています。

このような、うつ病(鬱病)の心理的状況下ですので、通常の人にしてみれば些細な出来事でも、 うつ病(鬱病)の人の場合、深く落ち込んでしまうのが、うつ病(鬱病)の恐ろしさで、 これは認知の歪みという問題ではなく、うつ病(鬱病)にかかった人は、本当にそのように実感されています。

以上、うつ病(鬱病)になられた方のみならず家族や周囲の方も再発防止ということに留意し、支援してあげていただきたいと思います。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板