うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

慢性的PMDDは、鬱病(うつ病)に至るおそれも

PMS(月経前症候群)より更に耐え難い苦痛、PMDD(月経前不機嫌性障害)

月経前になると、頭痛、乳房が痛む、お腹が張る、便秘、のぼせ、イライラ、神経質になる、無気力になるなど様々な症状が出る女性は多く、 仕事をするのが辛くなる程度のものを「PMS・月経前症候群」といい、 さらにこれ以上に重症なものを「PMDD・月経前不機嫌性障害」或いは「月経前不快気分障害」といいます。

PMS・月経前症候群は、月経の1週間ほど前から様々な症状が現れ、月経開始後3日程度で症状が軽快するものをいいます。 軽い症状も含めると女性の90%がPMSの症状を体験するようです。

PMDD・月経前不機嫌性障害は、妊娠可能な女性の5%程度にみられるといわれていますが、 月経は病気ではないという思いがあるため、心身に強い不調を感じても医療機関を受診しないケースが多いといいます。 PMDDは、PMSと同じような身体症状が現れますが、PMDDでなんといっても著しいのは、耐え難いほどの気分の悪化で、 慢性的なPMDDになると、鬱病(うつ病)に至るおそれもあります。

女性のホルモン周期のなかで、排卵後にエストロゲンが急激に低下しますがこのときに脳内のセロトニンも下がります。 したがってSSRIなどの抗うつ薬を投与し、セロトニンを補充することが体調の変化を調整すると考えられています。

PMDD(月経前不機嫌性障害)の気分的症状

強い抑うつ気分、絶望感、イライラ、涙もろくなる、怒り、焦燥感、興味の喪失、集中力低下、記憶力低下、疲れやすい、過食、過眠、不眠など

PMDD(月経前不機嫌性障害)の身体的症状

乳房の張り・痛み、頭痛、腰痛、関節痛、筋肉痛、腹部膨満感、むくみ、めまい、便秘、下痢、動悸、吐き気、体重増加など

PMDDの原因は、女性ホルモンなどの異常とする説や、脳内神経伝達物質の化学的変化とする説など分かれていますが、 いずれにしても病気なので、PMDDあるいはPMSが疑われるようであれば、婦人科や心療内科などを受診することをおすすめします。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板