うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

長期化する鬱病(うつ病)には休職の検討も

鬱病(うつ病)の回復を試みず退職を急ぐより、休職で様子を見ましょう。

鬱病(うつ病)は長期化することで更に悪化という悪循環に陥る恐れのある病気です。 人によっては抗鬱薬の服用など医師による適切な治療を受けて、早ければ3カ月、少し時間がかかる場合でも6カ月あれば 回復することが多いのですが、回復に1年や2年、あるいはもっと時間がかかる場合もあります。

鬱病(うつ病)が長期化する理由は、まだ現代の医学で解明されていませんが、 鬱病(うつ病)がなかなか回復しない場合、

  • 抗鬱薬がきちんと効いているか?
  • 気力を消耗してしまうような要因が職場や家庭にないか?
  • 周囲とのトラブルを誘発する言動や行動がないか?

以上のこれらを、一度検討してみることが必要になります。

鬱病(うつ病)の長期化に悩む方の場合、鬱病(うつ病)の症状が完全に直り切っていない状態で仕事を続けていたりするため、 効率が悪化し、結果が思うように出せない。そのことが職場での評価を下げることにつながり、 それが結果的に悪循環を生じさせていることが多いのではないでしょうか。

仕事の効率の悪化に悩み、退職を考えている方もいらっしゃると思いますが、 鬱病(うつ病)が回復すれば、問題なく仕事ができる可能性が残っているため、退職を急ぐことはお勧めしません。

ほとんどの企業には休職制度があります。まず、相談者がかかっている医師に話をして 診断書を書いてもらい、その診断書を会社に提出し、3〜6カ月程度の休職することを勧めます。 医師から処方された抗鬱薬をきちんと飲み、鬱病(うつ病)の症状を消し去ってしまうことが必要です。 休むことによって、それまであまり効いていないように感じていた薬の効果がはっきりと出てくることも少なくありません。

休職期間中、健康保険に加入の場合、傷病手当金が支給されます。

休職期間中、会社に賃金支払の義務はありませんが、労働契約が解消されているわけではなく、 労働者が会社に雇用された状態にあることに変わりはありませんので、健康保険や厚生年金の会社負担分については、 会社が継続してその支払責任を負うことになります。 休職期間中、賃金が支払われない分については、健康保険に加入している場合、傷病手当金が支給されますので、 医師に傷病手当金の請求書類に必要な箇所を記入してもらい、これを健康保険組合に提出しましょう。

休職して鬱病(うつ病)が良くなった段階になっても、仕事内容や職場が苦痛であれば、そのときに退職を検討すればよいと思います。 鬱病(うつ病)にかかっているときは、自分を過少評価することが多く、退職のような大切な決断は、病気が回復してから行うべきでしょう。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板