うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

抗うつ薬(抗鬱薬)の種類

うつ病(鬱病)の薬、要するに抗うつ薬(抗鬱薬)は、大まかに分類すると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、 トリアゾロピリジン系、SSRIとなります。三環系抗うつ薬は古くからある薬で副作用が強めに出るのが特徴です。 四環系抗うつ薬、トリアゾロピリジン系は三環系抗うつ薬に比べて作用がやや弱めですが、副作用が軽減されているのが特徴です。

以下の一覧は、現在うつ病の治療に使用されている抗うつ薬です。 基本的には三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRIの4種類に分類することができます。

三環系抗うつ薬

最初に開発された抗うつ薬で、成分の化学構造の特徴から三環系という名前が付けられています。 これらの薬はうつ病の症状を改善する効果が期待できるのですが、その半面脳内の複数の神経伝達物質に 作用するため副作用として口渇、便秘や心臓への影響が現れることもあります。

塩酸アミトリプチリン(トリプタノール、ラントロン) 塩酸イミプラミン(イミドール、トフラニール) 塩酸クロミプラミン(アナフラニール) マレイン酸トリミプラミン(スルモンチール) 塩酸ノルトリプチリン(ノリトレン) アモキサピン(アモキサン) 塩酸ドスレピン(プロチアデン) 塩酸ロフェプラミン(アンプリット)

四環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬に続いて開発された薬で、これも化学構造の特徴から四環系といわれています。 うつ病の症状を改善する効果は三環系よりも弱まったのですが、その分副作用の発現が三環系よりも抑えられました。

塩酸マプロチリン(ルジオミール) 塩酸ミアンセリン(テトラミド) マレイン酸セチプチリン(テシプール) ミルタザピン(リフレックス、レメロン)

SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害剤 (Selective Serotonin Reuptake Inhibitor) のことで、 各単語の頭文字を取ってSSRIと名付けられています。 SSRIは近年開発された新しいタイプの抗うつ薬で、世界中で幅広く使用されています。 SSRIはその名前の通り、うつ病の原因となるセロトニン系のみに選択的に作用して、神経終末のセロトニンを ある程度増やすように調整することでうつ状態を改善するといわれています。従来の抗うつ薬に比べ、 必要な受容体のみに選択的に作用するため副作用が少ないとされています。

フルボキサミン(デプロメール、ルボックス) パロキセチン(パキシル) セルトラリン(ジェイゾロフト) エスシタロプラム(レクサプロ)

SNRI

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor)のことで、 各単語の頭文字を取ってSNRIと名付けられています。SNRIはセロトニン系と同様に、ノルアドレナリン系にも作用し、 比較的早期に効果が発現するといわれています。ほかの薬との相互作用が少なく、副作用が少ない、抗うつ薬とされています。

ミルナシプラン(トレドミン) デュロキセチン(サインバルタ)

SSRIで副作用が現れにくいのはなぜか

三環系や四環系で副作用がでやすいのは、抗うつ薬がセロトニンの取り込み部位以外にも付着してしまい、 これが原因となって身体に副作用としての影響がでるためです。特にアセチルコリンやヒスタミンなどの 神経伝達物質の受容体に薬の成分が付着してしまうことが多く、これによって口渇や便秘といった副作用が現れます。 SSRIが従来の抗うつ薬と違って副作用が現れにくいのは、薬の成分がうつ病に関係するセロトニンの再取り込み部位のみに 狙いをつけて付着し、他の受容体には影響を及ぼさないためです。抗うつ薬は服用を続けなければいけない薬です。 そのため、SSRIのような副作用の少ない薬は、服用を続けやすいと言えます。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板