うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

抗不安薬の種類

神経症などによる不安・焦り・緊張をやわらげるほか、眠りを誘う効果もある 「抗不安薬」は、精神安定剤、あるいはマイナートランキライザーとも呼ばれます。 精神安定剤と聞くと、依存症や中毒になるというイメージを持ち服用に抵抗を持つ患者さんも少なくありませんが、 抗不安薬の役割と効果、副作用をよく知って上手に服用すれば、安全に効果を期待できます。

物質名 商品名 作用時間
クロチアゼパム リーゼ 短時間
オキサゾラム セレナール 長時間
メダゼパム レスミット 長時間
クロルジアゼポキシド バランス、コントール 長時間
フルタゾラム コレミナール 短時間
アルプラゾラム ソラナックス、コンスタン 中時間
ジアゼパム セルシン、ホリゾン 長時間
フルジアゼパム エリスパン 長時間
クロラゼプ酸 メンドン 長時間
メキサゾラム メレックス 長時間
ロフラゼプ酸エチル メイラックス 超長時間
エチゾラム デパス 短時間
ロラゼパム ワイパックス 中時間
ブロマゼパム レキソタン、セニラン 中時間
フルトプラゼパム レスタス 超長時間
クロキサゾラム セパゾン 長時間
クロナゼパム リボトリール、ランドセン 長時間
最も使用される抗不安薬:ベンゾジアゼピン系・チエノジアゼピン系

この中で、最もよく使用される抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系とチエノジアゼピン系に分類される薬です。 ベンゾジアゼピン系とチエノジアゼピン系抗不安薬は、構造が少し異なるだけで作用はほぼ同様のため、同じ種類のものと考えてよいでしょう。 同じ種類であっても、短時間(3時間程度)効果を表すものから、中時間〜長時間(12時間以上)効果を表すものまで様々なため、 患者さんの症状によって使い分けられています。

抗不安薬は、脳内におけるヒトの情動と密接な関係を持つ大脳辺縁系と、視床下部という部位に対して「抑制的」に作用することで、 不安や緊張を改善すると考えられています。抗不安薬の作用機序には、ガンマアミノ酪酸(GABA:ギャバ)が関わっています。 GABAは脳内中枢神経を抑制する神経伝達物質で、抗不安薬はGABAの受け皿であるGABA受容体の働きを強めることにより抗不安作用を発現させます。

抗不安薬の効果は、服用後1〜2時間くらいで現れるため、抗うつ薬に比べて速く効果を表します。 ただし、うつ病においての抗不安薬処方は、多岐にわたる症状のうち、不安やイライラ感を対症的に軽減させる意味で使用され、 うつ病そのものの治療手段ではありません。また、抗不安薬は睡眠薬と同じように眠くなる作用がありますので不眠に対しても用いられます。

患者さんによっては、抗うつ薬開始から数日〜2週間くらいの比較的初期の段階で、不安やイライラ感が強まったり、 不眠になることがあります。抗不安薬は、このような場合に短期間抗うつ薬と併用することが望ましいとされています。 抗うつ薬の効果が現れたら抗不安薬は必要ではなくなることが多く、漫然と長期に服用を続けるべきではないとされています。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板