うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

鬱病(うつ病)を改めて知る

鬱病(うつ病)の治療は、脳内物質の分泌を促進させる薬物治療が主流に、

鬱病(うつ病)は、不安・焦燥、意欲の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とした、脳と心の両面から起こるとされる気分障害であり、精神疾患です。

脳の病気という面では、セロトニンやアドレナリンの不足が想定されており、 脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物治療を行います。 これが心療内科や精神科における鬱病治療の主流になっています。

鬱病(うつ病)には、あまり生活に支障をきたさないような軽症例から、自殺企図など生命に関わるような重症例までが存在します。 鬱病を繰り返す症例では、20年間の経過観察で自殺率が10%程度とされおり、 男女比では、男性より女性のほうが2倍ほど鬱病になりやすいとされています。

鬱状態には、次のような性質のものがあります。
ただし、鬱状態に該当するからといって、鬱病であるとは限りません。

一過性の心理的なストレスに起因するもの
(心因性のうつ、適応障害、急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害“PTSD” など)

自律神経失調症・パニック障害など、他の疾患の症状としてのもの

季節や生体リズムなど、身体の内部の変調によって生じるもの(内因性鬱病)

こうした様々なうつ状態のうち、臨床場面でうつ病として扱われるのはDSMの診断基準に従って、 「死別反応以外のもので、2週間以上にわたり毎日続き、生活に障害を与えている。」というある程度の重症度を呈するものです。

器質的疾患からうつ病・うつ状態となることもあるので、診察時には注意を要します。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板