うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

芸能人として掴んだチャンス、鬱病(うつ病)で逃したくない

芸能人として顔が売れ出してきたせいもあり通院にも不安が…

去年頃から、テレビや雑誌に出演させていただくお仕事が増えてきたタレントです。 現在、憂鬱な気分が続き、気力がなく、どうしたらいいのか困っています。
身体的な症状としては、お腹は空くけど食べたいという気持ちがわかない、何を食べてもおいしくない、 毎朝仕事に行きたくないと思う気持ちが強く、朝起きるのがとても億劫、 以前楽しかったことは楽しくない、といった具合です。
せっかく芸能界でタレントとして大きな仕事をもらえるようになれたのに、このチャンスを逃して沈んでいきたくありません。 以前は、自分で言うのもおかしいのですが、努力家でした。しかしここ数ヶ月、怠けというか、何もしたくない気持ちが続いています。
催眠療法、カウンセリング、精神科に行ってみればよいのかもしれませんが、 芸能人として顔が売れ出してきたせいもあり抵抗があります。
仕事では着飾っていても、家の中を見渡すと見渡すと滅茶苦茶な状態で自分が嫌になってしまいます。 水着やノースリーブの衣装を着る仕事もあるため、リストカットでストレスを紛らわすわけにもいかず、八方塞がりの状態です。
(23歳、タレント・女優)

治療を躊躇していると、芸能界で掴んだチャンスを逃しまうおそれも…

相談者さまを、鬱病(うつ病)と仮定してお話をさせていただきます。 鬱病(うつ病)の克服の基本要素は、十分な休養、薬物療法、精神(心理)療法、周囲の協力です。
鬱病(うつ病)に対応する病院は心療内科または精神科です。 どちらの病院にも抵抗を感じていらっしゃるようですが、決して特別な場所ではありません。
あなたが芸能人ということを知られたくなければ、帽子やメガネなどで素顔をなるべく隠せば、 殆どの方はまず気づかないはずですし、最近では患者さんをお呼びする際、個人情報保護の意味で 「診察札○○番の患者様、お入りください」などとお呼びさせていただいております。
鬱病(うつ病)克服には早期発見・早期治療が重要です。 病院で処方される薬は抗うつ剤や抗不安薬です。最近の薬は副作用も少なく安全で、効果が実証されており、 医師の指導の下、正しく飲めば必ず効果が出ます。
心理療法はカウンセラーと色々な話をしながら自分を振り返ったり、自分の気持ちを素直に話すことで心を安定させて改善をはかる治療法です。 薬物療法・精神療法、どちらか一方に偏らないよう、様子を見ながら同時進行で行うのが理想的です。
そして、血液を体全体に循環させるため、運動も欠かさず行ってください。 運動といっても、本格的に毎朝のジョギングやスポーツジムに通うなど、大げさなことをすると 却って心の重荷になってしまいます。自分が心地よく楽しめる程度のストレッチや体操、散歩などがちょうど良いかと思います。
治療には長い時間がかかるかもしれません。ただ、このまま治療を躊躇していると、 せっかく芸能界でタレント・女優として掴んだチャンスを逃し、沈んでいってしまうことになってしまうかもしれません。
憂鬱な気分を完全に払拭することに拘らず、少しでもあなたが気分よくお仕事をできることを目標にしたほうが 結果的に完治、或いは完治に近い状態に持っていけるでしょう。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板