うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

アダルトチルドレン(AC)と機能不全家庭・機能不全家族

機能不全家庭・機能不全家族とは

家庭内に対立や不法行為、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、ネグレクト等が存在し、 子育て・団らん・地域との関わりといった本来家庭に存在すべき機能が 健全に機能していない家庭や家族を「機能不全家庭」「機能不全家族」と言います。

機能不全家族内で育った子供は、機能不全な環境や考え方が一般的であると認識し成長しやすく、 また幼少期の重要な人格形成において愛情を得る機会が乏しくなり、自己愛・自尊心、他者への共感、 他者の苦しみに対する理解などに欠けた人間にもなりやすいとされています。

この結果、社会と健全な関係を築くことができない大人…いわゆる アダルトチルドレン(AC)となるリスクが高くなります。

機能不全家族・機能不全家庭の例

「親の仲が悪く、いつも喧嘩をしていたり、怒りが爆発しやすい家族」 「愛がなくて冷たかったり、憎しみに満ちている家族」 「他人や兄弟姉妹と比べられたりえこひいきがあったり、親の期待が大きすぎる家族」 「親からのコントロールや抑圧がある家族」 「過度に子どもを甘やかし、溺愛する家族」 「他人の目を気にしすぎ、虚飾性に満ちた家族」 「常に親が不在な家族」 「親と子どもの関係が逆転している家族」など。

機能不全家族・機能不全家庭のルール

アダルトチルドレンを生み出してしまうような機能不全家族には、 「問題について話すのはよくない」「人を信じると裏切られる」「問題を感じるな」という共通のルールがあると言われており、 こういったルールは、子どもに「自分を大切にするのはよくない」「リラックスしてはいけない」「波風を立ててはいけない」 「余計なことを言ってはいけない」ということを学ばせてしまいます。

アダルトチャイルドが身につけてしまう役割

子供が機能不全の家族の中で生き延びるために身につけてしまう役割で、子供の負った役割が機能不全な家族を支えることにもなります。

ヒーロー・英雄としての役割
成功や偉業によって家族自身の価値を高め、自分の家族は全て正しいことを示そうとする。

責任を持つ子どもとしての役割
混乱の中に立って世話をやく。年齢以上に大人びている。良い子、そつのない子。

順応者としての役割
混乱の中にいても無視している。無関心、目立たない、静かな子。決断することを望まないし、できない。

忘れられた子どもとしての役割
問題がないことで家族に貢献する。何も求めずこっそりしている。内気で孤立し、期待されることはほとんどない。

慰め役としての役割
混乱の中でそれを静め処理する。人の感情や悩みを落ち着かせる。争いの優れた解決者。皆の感情やニーズに合わせて世話をし懸命に働く。

道化師・マスコットとしての役割
道化とずるけ役。滑稽なことをして周囲の緊張をゆるめる。

怠慢な子ども、暴走する子どもとしての役割
否定的な行動で自分に関心を集めようとする。逸脱行動で混乱を引き起こし、家族の問題から注意をそらそうとする。非行、反社会的行動など。

身代わりとしての役割
アルコール依存症の問題から逃げようと失敗をしでかしたり、盗みや飲酒をしたり他の薬物に走ったりして焦点をそらす。

鬱病(うつ病)事例と対応策 メニューへ戻る

TESTサイト内検索

チャット
掲示板