うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

現代のロボトミー レーザーで脳の病巣を焼く精神外科手術

1 名前: カッコーの巣の上で:2016/01/13 21:00:00 | :49.98.55.164

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

ロボトミー手術と聞くと、脳の一部を切断するリスクの高い治療というイメージがありますが、最近では、レーザーを使用して外科的に精神疾患を治療する方法があるようです。

この手術は、前帯状回切開術と呼ばれ、外科医が患者の頭蓋にドリルで小さな穴を開け、感情を動作に関連づける脳の一部分、前帯状皮質にブレードを挿入し、レーザーを使い病巣となる部分を焼くため、どうしても脳の一部を溶かしてしまいますが、従来のロボトミー手術よりも低いリスクで手術を行えるそうです。

私の調べた限りでは、アメリカにて強迫性障害(OCD)の治療にのみ許可されているようですが、うつ病の治療にも承認される期待を込めて、患者レベルにてメリットやデメリットについて語りあいませんか?

12 名前: 匿名@メンタル掲示板:2017/09/25 08:24:45

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

前頭葉に問題あるのが脳が原因の精神病ですよ
その理性を司る前頭葉の一部を切り取ったりするならどんな人間に生まれ変わるかわかりませんよ
性格が凶暴になる可能性もありますし
人格変わる可能性高くないですか?

TESTサイト内検索

チャット
掲示板