うつ病チャット・うつ病掲示板 ゲストプレイス

GuestPlace >>

うつは完治より寛解を目指すのが現実的じゃない?

1 名前: るる <カテゴリ:治療法・健康法>

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

のんびりお話しませんか?自分は長年の抑鬱に悩まされていました。

最近は月に一週間ほど一日のうちの数時間程度にまでなりましたが、まだまだ不安です。。。

親との関係もあまりよくありませんが、なるようにしかならないもだと考えて前向きに過ごしてます。

2 名前: うつの寛解:2014/02/25 22:32:55

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

うつの完治は無いにしても、抑うつから解放される「コツ」というのがありますよね。
私も少しずつでいいので寛解に近づきたいと思ってます。

3 名前: 匿名さん:2014/03/09 03:40:41

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

完治じゃなくて寛解を目指すのが現実的なので、私も寛解を目指しています。

4 名前: ---:---

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

---

5 名前: 匿名さん:2014/03/09 04:09:21

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

無理してでも、仕事や予定をこなして、
実体験としての成果を積みながら自信つけて、
良い方向に向けるのがいいかもね。

荒治療にもなりかねないけど。

6 名前: わんちゃん:2014/03/13 23:49:20

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

うつ病というは治ります。

うつ病は自分ではどうにもできずいきなり不安になったりしますが、ただ人生の悩みならそれは誰しもあることです。

私はもう治りましたが、たしかにうつ病は大変でした。

私が参考にしたのは、うつ病の治し方という山川幸明さんの出している本でアマゾンで電子書籍として買いました。

やる気が出ないとか、不安に襲われるとかいきなり焦ってしまうみたいなことが共通していて、対策法などがとても参考になりますよ。

7 名前: K*K:2014/04/02 14:30:26 | :114.160.80.183

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

>>5さん
鬱や精神病は脳の異常です。
薬や運動で軽くなることもありますが完治はしませんよ?
本当に鬱だったんですか?ちなみに鬱の何割かは栄養失調っていうデータもあります。その何割は鬱ではないです。
他にも鬱が2次的に発生してる人もいるので本当の鬱かは怪しいものです・・・

8 名前: K*K:2014/04/02 14:57:07 | :114.160.80.183

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

知っていることは栄養失調の人は栄養をバランスよくし、冬季鬱の人は太陽にもしくは強い光に当たればいいと思います。

睡眠リズムを崩しても鬱になりますので、その場合は眠剤と抗不安剤を飲めばいいでしょう。それ以外にもいろいろありますが、本当の欝の人は生真面目、ストレス発散できない、自分を追い込むなど自分に負担になるような人が本当の鬱になります。

>>5さんは当てはまりますか?これは性格なので治りません

9 名前: 匿名さん:2014/05/22 02:57:32

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

完治より寛解を目指したら気持ちが少し楽になりました。

10 名前: 匿名さん:2014/07/25 08:07:43

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

鬱は治ると先生は言っていましたが、再発もありうる病気です。簡単に説明するとガンと一緒だそうで、ガンは治る場合もあれば死もあり再発もあります。鬱病も治る場合があれば再発もあり、自殺もあります。

自殺者三万人の日本において鬱病の患者は4割だそうですが必ずしも鬱病の患者が病院に受診しているかと言えばそうではありません。

隠れ鬱病も含めれば比率も上がります。

ガンと同じ死の危険のある病気なのに世間の認識にはズレがありますよね。厚生労働省が心の風邪なんてネーミングつけたせいで

11 名前: ななしさん@メンタル掲示板:2015/05/04 16:21:22 | :116.80.217.98

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

14歳で鬱と不安障害と診断されて、高校に行けず。
大学には行ったものの、もう10年以上薬を飲み続けている。
一年前から症状が悪くなり仕事を辞めた。

新しい友人とかは「治そうよ」「○○したら治るんじゃないか?」というけど……
最近、新しい人にあうことが多く、
「そんなこと言ってたらひきこもりになっちゃうじゃない」
「外に出なきゃ」
「人に会わなきゃ」
「電車やバスがだめならスクーターに乗れば? 一日で免許獲れるよ(値段も安いらしいので元気な時の元気な人にはお勧めです^^)」
「もう一年間仕事をしていないんだ!結構経つね」……etc全く別の人三人に言われて今までの生活なんだったんだろうと落ち込む。

少なくとも私の知人たちには、完治はできないと認識してもらった方が私にとっては気が楽だ。
寛解を目指したいと思う。

12 名前: R:2015/08/24 12:56:17 | :126.152.161.203

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

度合いにも寄りますが治療(抗鬱薬、カウンセラー)、+安心出来る環境+自分の考え方の癖を見つめ直し改善する=完治 に至るのでわないかと私は思います。

お金があれば精神科は通えます。身内等からのサポート。自分で良くなりたいと思う気持ち。この3つが満たされた時に完治すると思います。
この3つの何かが抜けても一時的に回復はしますが再発は付き物だと思います。

個人的な主観ですが。。。

13 名前: ななしさん@メンタル掲示板:2016/03/29 17:22:41 | :122.102.177.147

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

薬漬けですか?

14 名前: ななしさん@メンタル掲示板:2016/03/30 01:54:15 | :182.251.243.33

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

うつは もって生まれた性格 直りませんよ 障害みたいなものです

15 名前: 大山のぶ夫:2016/08/28 18:41:34

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

会社でのパワハラでうつを発症したのをきっかけに、ストレスに敏感になった

それが性格ならば、以前の性格にはもう戻れない気がする

自分が傷つかないよう守りに入る、ストレスから遠ざかる事を昔はそんなに意識して生活しなかった

自分自身の脳がアンテナだとしたら、その向きを変えたことで、ストレス(ストレッサー?)

という、違う周波数の電波まで、常時拾うようなチューニングがされてしまった感覚

ある意味鈍感な人が羨ましいし、もう一度アンテナの向きを変えられるものなら変えたい

16 名前: しん:2016/09/23 22:39:37 | :115.177.135.2

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

私も昔、沢山薬を飲んでたなぁ。
でも、今は一つも飲んでない。
私は、鬱で死んでしまう!となった時に、その時の主治医がすぐに入院させてくれて。
家族と関係が悪かったこと、私の話をとにかく第一優先にしてくれて、家族には面会禁止にしてくれた。
入院したときに、主治医の先生がいろいろと話をしてくれて、
私は、ぼんやりとだけど、「死ねないんだなぁ」「死んだらダメだなぁ」と思うようになった。
ずーっと、そんな感じで過ぎていって、
「だったら、死ぬのは今は諦めよう」=イコール
「今、死ねないんだったら、何かできることないかなぁ。他にすることないしなぁ」て、思って。
で、もう一度やってみるか。と、少しづつ働き始めて現在に至る。
完治にこだわる必要はなくて、鬱になったことも恥ずかしいことじゃなくて、
今、私は生きることを続けてる。と言う毎日の積み重ねが大切だと思う。

17 名前: ---:---

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

---

18 名前: 大丈夫だ。:2017/03/25 09:54:53

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

うつ病に関しては、性格が、キッカケにはなったと感じてます。なんせ、自分を追い詰めてました。
 残業とか、仕事とか。今思えば、建設的な計画性とか足らなかったなぁ、ただ無理してた。しっかりしてる人はノートに書いたり調べたりして進むから負担も軽減するができるようで。
 あと漢方の先生の本にありましたけど、冷え症はあなどれないんだな、と。病気になった時期と職場変わった時期(水仕事)一緒だったし。35℃台下まわると動けなくなる。平熱36.5度が当たり前だったのに。

少しずつ回復してだいぶ体調安定してます。

お酒飲みが、肝臓壊したり、タバコ吸い過ぎて肺を壊したりと大差ないような。昼夜無理したらうつ病。みたいな感じに感じたけど。

首から上の病気だけに健康な人に共感を得るのは負担だろうなぁ、実際のところ。
心の病気というより全身の凄まじい倦怠感や以上感は、メンタル より身体的病気だと。

19 名前: 匿名@メンタル掲示板:2017/09/25 07:50:23

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

鬱は完治しますけど病人達と付き合いが長くなると治りませんね。
そのうち働くのが嫌になり病人との交流に重きを置く様になり働けない状態を作りあげて行きます。
この辺まで来ると性格と言われても仕方がないので完治諦めて下さい。

20 名前: ななしですみません。:2017/09/25 12:09:57

http://utuchat.guestplace.net/utu-shingatautu-treatment.html

無防備では危ないですね…。(ウツなんぞは)

人との割り切りがちゃんと有って、馴れ合わずに
生活にもメリハリを持ててれば、けして飲まれ切らないとは思いますが。

美術とか、芸事とか明さがあり、楽しい事。
「踊るアホでも、観る方のアホでも、」仕事との切り替えが大切なので

一般人でも芸能人でも関係無く、

ウツは寝てばかりでも治らない。

自分をよく知って、「自分には何が本当は癒しなのか」

を知らないとまたストレスに倒れるし…。

TESTサイト内検索

チャット
掲示板